社長あいさつ

  • 代表取締役 北原 康男

私たち北原製作所は戦後間もない昭和21年に復員した先代が空襲で焼け残った自宅の土間で鉄道車両の部品を削り始めた所から始まりました。中古のベルト掛けの旋盤や今はほとんど見かけなくなった形削り盤などを見付けて隣り町からリヤカーで運んできたと聞いております。

その後昭和35年に伊勢崎市今泉町に工場を建て移転しました。主に自動車部品の製造工場として10倍以上の広さになり、設備機械もその当時の最新鋭機を導入してまいりました。昭和50年頃にはNC旋盤を初めて導入して、お客様の多品種少量品に対するニーズに高い信頼性で対応してまいりました。昭和57年には初めてのマシニングセンターを導入して異型品の多品種少量生産と言う、今最も得意とするビジネスモデルを確立してまいりました。

平成8年には現在の日乃出町の新工場に全面移転して新鋭設備の導入の他、品質及び環境ISO規格の取得、隣接工場の買収による工場の拡大、太陽光発電設備の設置など、常に攻めの経営を行い現在に至っております。

創業から70年間、変わることなく金属を削る事を一筋に行ってきましたが、その中でいつもお客様のご満足を第一に考え、その結果として地域社会に貢献する事を心掛けてまいりました。日々変化するニーズに迅速に対応するため、常に最新設備の導入と技術開発を行い、合わせて最先端の生産技術、管理技術を積極的に取り入れて品質、価格、信頼性の一層の向上に全社一丸となって努力を続けております。

今後とも一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

代表取締役 北原 康男


概要

商号 株式会社 北原製作所
所在地 〒372 群馬県伊勢崎市日乃出町640
TEL 0270-25-1343(代)
FAX 0270-24-2082
Mail kitahara@kitahara-mfg.co.jp(代)
資本金 1200万円
創業 昭和21年(1946年)11月
代表者 代表取締役 北原 康男
取引銀行 足利銀行、商工中金、東和銀行、日本政策金融公庫、群馬銀行
主要取引先 浅井ショーワ株式会社
株式会社IHIターボ
株式会社ソーシン
コガックス株式会社
小平産業株式会社
日野自動車株式会社
その他(経由あり)
五十音順

沿革

昭和21年(1946年) 北原求平が伊勢崎市三光町にて創業
昭和32年(1957年) 有限会社 北原製作所 設立
昭和35年(1960年) 伊勢崎市今泉町に工場建設、移転(面積1,463㎡)
昭和39年(1964年) 日野自動車(株)殿と取引開始
昭和41年(1966年) 資本金300万円に増資
昭和52年(1977年) 株式会社に改組。資本金1200万円に増資
昭和55年(1980年) 伊勢崎市日乃出町に工場用地買収
平成6年(1994年) 代表取締役に北原康男が就任
平成6年(1994年) 浅井ショーワ(株)殿と取引開始
平成7年(1995年) (株)ソーシン 殿と取引開始
平成7年(1995年) 桐生機械(株)殿(現キリウ)と取引開始
平成8年(1996年) 伊勢崎市日乃出町に新工場建設、本社・工場を移転(面積2,894㎡)
平成12年(2000年) (株)加藤製作所 殿と取引開始
平成16年(2004年) ISO9001-2004 認証取得
平成21年(2009年) ISO14001-2004 認証取得
平成22年(2010年) ISO9001-2008版 へ更新
平成25年(2013年) 隣接地を買収し、第2工場を稼働(総敷地面積5,533㎡)
平成27年(2015年) 太陽光発電設備を導入
平成29年(2017年) コガックス(株)殿と取引開始
平成30年(2018年) (株)IHIターボ 殿と取引開始
(株)小平産業 殿と取引開始

アクセス

  • 国道17号線上武道路と県道2号線の立体交差(上武道下)から約700m
  • 北関東自動車道、伊勢崎ICから約10分
  • 両毛線伊勢崎駅及び東武伊勢崎線新伊勢崎駅から約3km

リンク

精密機械加工なら株式会社北原製作所  精密機械加工なら株式会社北原製作所